no image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座布団

クッション1
↑我が家の座布団兼クッション。
クッション3
↑重ねたり、
クッション2
↑壁にかけたり。


以前、MARUNOUCHI CAFEで「コトの片」の展示をしたときに、
制作した座布団兼クッション。

MARUNOUCHI CAFEでの展示は、クッションを作りたくなる。
昼寝している人が多いので。

ちょうど我が家の引っ越しとも重なり、来客も多いので、
石にぽてぽてっと座る感じのものが欲しいなと思って作ったもの。

底は板で、たぶん、脚をつけるとそのまま椅子になります。
布柄はシルクスクリーンと、型染めで。
結構、重宝してます。


スポンサーサイト

群馬・桐生へ


桐生
↑染色家さんのお店。いろんな染めの相談のります。とのこと。

桐生2
↑家の前の、園芸が小宇宙のように、ていねいな世界ができあがってます。



5月に、ふらりと一人で、群馬の桐生を訪れました。

桐生は、古い洋館のような建物が多く、織物のまち。
二眼カメラを、もってふらりふらり。
平日にごつめのカメラを持ってふらりしていたので、
町のひとにしょっちゅう声をかけられる。(カメラに。)

まだ、観光地としては発展途上で、
でも見ておくべきところが、たくさんあるところだなあと感じます。

無料のレンタサイクルで、要所要所を見て回るものの、
地図も看板もないので、手探りで探し、探検気分。
町の人も、繊維に関する仕事をしている人が多く、
ちょっと立ち話のつもりが、気づくとずーっとお話してしまっていたり。

資料館もたくさんあり、建造物も見ごたえあるとこばかり。
のこぎり屋根の、ザ・工場というたたずまいの建物も
まだたくさん残っています。

食べものもおいしくて、ただひとつものたりないのが、
お泊り先。どうにも、いくら探しても、ビジネスホテルしかみつからず。
確かに、工場が多いので、出張で来る方が多いそうだ。

毎月第一土曜日には、骨董市や買場紗綾市があるそうで。

寒さがこたえる季節になる前に、紅葉みがてら、
またふらりと訪れたい場所です。


「はらっぱ祭り」へおもむく

はらっぱ2
↑はらっぱ祭り
はらっぱ1
↑朝鮮舞踊の農楽。


住まう町のお祭り、はらっぱ祭りへ。

毎年、駅前でヒッピーな方たちを流し見していましたが、
やっぱり気になり、会場の武蔵野公園へと、是非行くことに。

午前中はリサイクルバザーに出店してみるものの、
でも、祭りをより楽しみたいがため、
早めに店じまいしてしまう。

屋台での飲み食いのため、自前の皿とコップとお箸を持ち歩きますと、
サービスで、どこでも大盛り。多国籍な、美味しい本格的な料理ばかり。

集っているみなさん、思い思いに
寝転がったり、おにごっこしたり、
食べたり、呑んだり、歌ったり、踊ったり。
でっかいピクニックのよう。

写真にある、農楽隊の演奏は、
とても場所に似合っていて、
龍の様に、うねうねと列をなして、
老若男女が陽気に踊っています。

陽も落ちてくると、
今度は、森の中で、
8mmフィルムで撮影された、
映像インスタレーションの上映会。
真っ暗な中、たくさんの四角い映像が
思い思いに、浮かんでいて、
小金井の公園だと思えないくらい、
創作的な空間に。

こんなお祭りが、
住んでいる町で、もう20年も続いていて、
集える素敵な場所も人あって、
ますます、末永く暮らしていきたい町だなと、
思う今日のできごとでした。

 | HOME | 

じぶんのこと

ヤマコヤ やまさき薫

ヤマコヤ やまさき薫

アトリエ「ヤマコヤ」主宰。
絵とデザインとシルクスクリーン。
「暮らすこと、つくること、
伝えること」をたいせつに活動中。
2人の娘もちらほら登場。

ーーーーーーーーーーーーーーー
お店ができました。
5組のアトリエ併設のストア
「atelier tempo」

アトリエ&ショップ
OPEN:11時〜19時
水曜定休




イラストやデザイン、
ワークショップの
お仕事のご相談は下記まで

yamasaki★yamasakikaoru.net

★を@にかえて送付ください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。