no image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島の旅

いままでに何度か計画をたてていたものの、
そのたびに、いろんな出来事にじゃまされ、上陸を果たせていなかった場所。

今回も、タマさんの風邪悪化と両耳の中耳炎が発覚したときは、
今回も上陸ならずかと、一度は腹をくくったものの、
子ならではの脅威の回復力を見せ、完治!
念願の初上陸を果たしました!

4泊5日のゆっくりの旅。子連れだから、ゆっくりのんびり。

上陸した日は、到着が夕方だったため、
宿に落ち着き、町を散歩は買い出しやら、のんびり。
翌日は「白谷雲水峡」へ行くので、
うちのタマは、予習をかかしません。
yaku01

チェックのあとは、しっかりと紙を食べてましたが。
紙はタマの大好物です。
いつになったら、ヤギさん卒業できるのやらやら。。

子は8時半には寝るので、
寝てから、隅っこで小さな机に
おつまみとビールを広げ、
子の寝顔をみながら、ほくそえんで、こそこそと呑む。

そんなことをしているときにこそ、
「親になったんだなあ」
という実感がわいてきます。


屋久島2日目は白谷雲水峡。
じゃーーん!
yaku02

yaku04

yaku05


yaku03


yaku07

苔はたくさん水を含み蓄えていたので、
本当にすべてが緑色に輝いてます。
そして、水がすごくおいしい!
掬って飲むと、すっごくなめらかな超軟水。

白谷雲水峡に来て、そこで引き返せないのが
我が家の性分。。
あと1時間ほど歩くと、「太鼓岩」(標高約1050m)が。。
でもこの1時間がけっこう急でつらい本格登山道。(登山道にしては軽いけれど)

はい、結局行きました。
yaku10
yaku11

ここで事件が。。

ずっと機嫌のよかったタマさん。
太鼓岩で出会ったガイドさんに
話しかけられ、あいさつされると。。。
大泣き。。
ひげ面の男の人だったので、
なれない顔で怖かった模様。

それを皮切りに、
そっから下山中30分ほどずっとおお泣き。。

父がずっと背負っていましたが、
泣きやまないので、試しに私が背負ってみると、
あらー、ピタっとやんでしまいます。
「母の背中じゃないとイヤだキャンペーン」がはじまったみたいでした。。

山中では、やはり赤ちゃん連れは見かけないので、
なんだかアイドル化していて、タマさんも
相当愛想笑いが上手に!
子を背負っていると、マラソンランナーのように
みなさんから声をかけられ応援されるので、
もりもり元気が湧いてきました。

屋久島といえば、、
yaku09
yaku06
すこし山に入ると、よくすぐいました。
増えすぎてるんだろうなあと思うくらい。。
最初は見るとテンションあがっていましたが、
だんだん車の通る邪魔になったりして、「また~?!」という思いになってました。
それより、一度、山で子猫と遭遇し、そっちの方がより感動的でした!

きちんと山にはいったのはこれくらいで、
ヤクスギランドはとっても軽々いけて、
(ここの80分コースの河原がとってもよかった!そして、倒木が多くて雰囲気が好みでした)
予定していた「花之江河」は天候&体調不良で中止し、

念願のドラえもんとも記念写真!
yaku08

ドライブで海を転々と満喫し、
おいしいものを食べてめぐりました。
海と山と食を満喫の4日間!

東京に帰ってからは、次はどこに行こうか、
屋久島に行く前よりも念入りに調べてしまっている今日この頃。。

次は是非、
宮之浦岳と黒味岳(行けなかった花之江河も!)と太忠岳と
大和杉(縄文杉の次に大きい杉)とトロッコ道に行きたいです!
(縄文杉は人が多そうだから、いいや。。)
あと、今回うっかり定休日に立ち寄ってしまった一湊珈琲店にも行きたいな。

次に登る日のために、
しっかり子の足腰を鍛えておこうと決意の固まる旅でした!
自分の足腰もだな。

スポンサーサイト

実家、鹿児島へ

8月頭から、ちょっと長い休みをいただき、
実家へ帰省(&ちょこっと旅行も!)。

子がこの世に生まれて、初帰省。
私の実家は鹿児島なので、帰るだけで長旅です。

長距離をせっかく帰るので、
ほぼ観光気分で行きたいところを要チェックしたうえの帰省。
ほぼ、旅です。

鹿児島空港に降り立って、まず、
「鹿児島神宮」へ。

kag02

この神社は装飾がすごくて、なかでも天井はかわゆい。
いろんな植物の絵が描かれているのだけど、
なかには日本にはない植物もあったりするらしく、
密貿易していたんだろうとのこと。


kag01

おっきい鯛車。
実は、この郷土玩具になっている鯛車(もちろん小さい普通のもの)を
手に入れたくて、訪れました。
この鯛車には子どもの疱瘡除けの意味もあるので、こちらと、
あと初鼓(でんでん太鼓)を社務所で購入。

近いのに来たことなかったなあ。
と、母に言ったところ、なんともまあ
私のお宮参りは、この鹿児島神宮とのこと。
うっかり、偶然わが子も母と同じ場所に連れてくることができて、
その偶然加減に、ちょっと運命も感じてしまいました。


そして、別の日。
うちのこタマは、指差しが得意になっていて、
「動くもの(いきもの)」にすごく意欲を示すので、
水族館に連れて行ってみました。
みごとに魚を目で追っては、指差し確認をしていました。
そして、久々の水族館に、
子を差し置いて、大人が興奮。
父は写真を夢中で撮っていました。

kag03

こちら、マダラトビエイ。
真下からみると、鼻が高い人面に見えて
顔が見えるたび「ガイジン!」とさけぶ我が家。
常に大爆笑してました。

kag04

もちろん、ジンベイさんもパチリ。コチラ五代目ジンベイさん
四代目さんは、大きくなってきたので海へ戻す訓練中、
ストレスで亡くなってしまったそうな。
水族館へ行く前日にそのニュースを目撃し、
複雑な心境。


また、別の日。
今回の最大の目的、
しょうぶ学園」へ。
4,5年前に雑誌で見てからずっと気になっていたものの
ネット検索してもなにも情報が得られずでしたが、
今回久々にもう一度調べてみると、
HPができていた!

一部解放していて、ショップやカフェやギャラリーがあるので、
是非是非念願の初訪問!!!

学園内の工房しょうぶでは、障害を持った方たちが、
布・陶・紙・木工・食・園芸、音楽、それぞれの表現方法を使って
のびのびと創作しています。

kag05

こちら、学園内の一部shop。
これまた、学園内の建築物がいちいちとっても素敵でした。
この学園の空間にとても似合っている建物がそれぞれ個性をもって
集まっていました。

それぞれの工房も見学してよいよとのことで
施設のスタッフにいろいろ案内もしてもらいました。
利用者の制作風景を見させてもらって、
ほんとうにのびのびとものづくりをしているし、
それをサポートしているスタッフのサポート加減も、
すばらしいかぎり。

しかも、できあがった作品は、
ほんとうに力強くて、奥深いパワーを感じます。
そして、ほしいものばかりでした。
作品は、学園内のショップで購入できるので、
たくさん購入。
利用者が制作しているところを見せて
いただけて、本当によかったです。

学園内のパン屋でパンを買い、
これまた学園内のカフェでパスタを食す。
コーヒーもおいしいし、
家が近くだったら毎日訪れたいところでした。

おすすめ処なので、是非たくさんの人に知ってほしいような、
自分らだけ知っていたいような。。
そんな場所です。


そのほか、いろいろいろ観光めぐりや、
もちろん子の顔を見せに親戚・友達めぐりなど、
大忙しの帰省でした。

そして、やっと、屋久島にも初上陸!
屋久島の報告はまた次回!

旅立ち

尊敬する夫婦が、
今日スウェーデンという異国に飛び立っていきました。(はず!)

とても似合う場所をみつけて、
そこで、創っていくため、
1年間くらい移住とのこと。

思い切った(と思われる)決断、
それを許容する環境、
とらわれず、「もっと」という意志、
すべてが尊敬です。

そうすることが、とても自然に似合っていて、
自分たちをよく知っていて、
知っているからこそ、似合う行動を起こせるのだなあと。


ようし、私もがんばろう!
と、思わせる、
そう、こころを動かされる、

そういうのがすごいなあ。


ようし、がんばろう。

 | HOME | 

じぶんのこと

ヤマコヤ やまさき薫

ヤマコヤ やまさき薫

アトリエ「ヤマコヤ」主宰。
絵とデザインとシルクスクリーン。
「暮らすこと、つくること、
伝えること」をたいせつに活動中。
2人の娘もちらほら登場。

ーーーーーーーーーーーーーーー
お店ができました。
5組のアトリエ併設のストア
「atelier tempo」

アトリエ&ショップ
OPEN:11時〜19時
水曜定休




イラストやデザイン、
ワークショップの
お仕事のご相談は下記まで

yamasaki★yamasakikaoru.net

★を@にかえて送付ください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。