no image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROLLEI FLEX

我が家の、相方の愛用機、
ROLLEI FLEX(ローライフレックス)2.8D(Cかも?)クセノタールレンズ。

古い二眼カメラなので、肩からさげているだけで、
いろんな人に話しかけられます。

ゴツくて見た目も好みなのだけど、
写りも素晴らしく好き。
色味やボケ具合が好き。

そして、普通のカメラと違って
「撮ります!」という体制で構えるのではなく、
真上からファインダーを覗きこんで撮影するので、
写る人が自然体で好き。

私もいつもひとりで旅に出るときは
かりて出かけていました。
旅先で100%の確立で話しかけられるので
一番のコミュニケーションツールになります。


子がいる生活になってからは、
一番手軽で、何枚撮っても気にならない
一眼レフのデジタメばかりを使ってしまいますが、

ローライは、定期的にときどき持ち出したり
ココイチ!という行事の場面では出動させて、大事なシーンは残すようにしています。

ローライで使うブローニサイズのフィルムは、現像とプリントにすこし時間がかかるので
貯めておいて一気に写真屋にお願いするので、
よく忘れたころに写真が一気に仕上がってくる。

いつもプリントされたものをみると、
もーこのカメラで撮る写真だけでいいや。
と思う出来栄え。

ローライphoto1
ローライphoto2
ローライ3

そういえば、去年屋久島行きの直前でローライが壊れて、
デジカメ一眼の充電も切れてしまう。というアクシデントで、
旅行の最後あたりは、久々にインスタントカメラで撮影。

出来上がりを見たら、久々にインスタントカメラ使用の写真をみたからか、
なんだか懐かしい感じの風合いに仕上がったなと感じました。

プラスチックのレンズ特有のゆがみやぼけ具合。
つい最近まで主流で使われてたのに、もう懐かしいと感じる肌触りになってた。
また、インスタントカメラを使い出そうかな。

結局デジカメって、きれいに写りすぎる。ってのが性にあわないんだなあ。
と思いながら、でも便利だから使うけど。ね。
スポンサーサイト

新しい家族

2010年7月3日(土)13:36、
我が家に新しい家族ができました。

丈夫な女の子。
さすが二人目。すんなり安産でした。

5日の入院を経て、

その間、初めて母とはなればなれを経験した長女は、
前もって言い聞かせていたからか、
とってもいい子にしていたようで、でも
熱をだしてしまい、小さいながら、
なにか我慢しているようでもあったそうでした。

今回一番心配だったのが、
やっぱり長女の反応。

嫉妬するか、母性が目覚めるか。。

ほっと安心、後者でした。

周1


小動物を見るかのように、
目をキラキラさせて「キャー」と
嬉しそうに、頭をなでたり、布団をかけたり、足をくすぐったり。
名前を呼んで、なんだかお話しています。

今のところ、順調順調。
これが、母の手伝いが終了するとどうなることやら。

生活って、お手玉みたい、とよく思います。
玉を2つから3つ、3つから4つにと。

はやく、みんなで手をつないで公園を散歩したいです。


周2

カブトムシ拾う。

朝、武蔵野公園を散歩していると、
カブトムシが落ちてた。

カブトムシ的には、落ちてた、なんてひどい表現だと思うだろうけど、
私が目撃した感覚では、確実に「落ちてい」た。

久々に、天然で立派なオスのカブトムシに遭遇したので、
(いつも見つけるのは、クワガタかカブトのメス)
せっかくだし、ダンナさんと娘タマに披露したくて、
捕獲させていただいた。

久しぶりの虫に、
家でひとり挙動不審。。

小さい頃は田舎っ子で、虫大好きで
ハエの羽ちぎって遊んでいたくらいなのに、

何だろう、結構もう全く無理!なくらい
虫が気持ち悪い。

ということで、立派だなあと造形美に感心するものの、
直視したり、ツノのかたい部分以外は触れません。。


かぶと虫

夜帰宅した相方には、「エライッ」と褒められ、
期待していたリアクション大魔王タマの反応は、すこぶる良い。
「コワーイ カワイー コワーイ!」を連呼してじっと観察するも、触れません。

タマの反応も良いし、
家族会議で、1週間くらいは飼ってみることに。

エサが家になかったので、ネットで調べて、手作り。
家にある材料で作ってみると、
波照間の黒糖と、国産の菩提樹のはちみつ、米酢、酒で。

やけに素材のセレクトがナチュラルで贅沢だ!と
カブトムシのカブちゃんに嫉妬したけれど、
よくよく考えてみれば、カブちゃんにとっては
当たり前でむしろもっとナチュラルなモノを食しているんだと、

ナチュラルって贅沢、って思う環境になってしまっていることに、
悲しく、哀れになってしまったのでした。

カブちゃん、よく観察してみると、
後ろ足2本が不自由のよう。

だから「落ちてた」んだね。

 | HOME | 

じぶんのこと

ヤマコヤ やまさき薫

ヤマコヤ やまさき薫

アトリエ「ヤマコヤ」主宰。
絵とデザインとシルクスクリーン。
「暮らすこと、つくること、
伝えること」をたいせつに活動中。
2人の娘もちらほら登場。

ーーーーーーーーーーーーーーー
お店ができました。
5組のアトリエ併設のストア
「atelier tempo」

アトリエ&ショップ
OPEN:11時〜19時
水曜定休




イラストやデザイン、
ワークショップの
お仕事のご相談は下記まで

yamasaki★yamasakikaoru.net

★を@にかえて送付ください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。